ダイエット(肥満解消)のステップ - いつまでも綺麗でいたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイエット(肥満解消)のステップ

ダイエットは何から始めたらいいのか、わからない人もいると思います。

まずは、自分の適性体重をしるようにしましょう。

・BMI値を計算しましょう
 体重と糖尿病などの生活習慣病の間には、相関関係があるということが様々な研究の結果でわかっています。まず肥満の基準である指標のひとつとしてBMI(ビーエムアイ)の値を計算して、ご自分がどこに当てはまるかを知っておきましょう!

【BMIの計算式】

体重÷身長(m)÷身長(m)
(160cmで体重60kgの場合は、60÷1.6÷1.6で、約23.4となります)

【BIM数値の判定】

18.5未満……低体重
18.5以上25未満……普通体重
25以上……肥満

 ここでBMIが25以上の数字になってしまった方は、少しずつでも改善していきたいところ。近い数字の人も要注意。次のことを意識してみましょう!

次に食生活の見直しをしてみましょう


【野菜をたっぷり食べる】
 食事全体のカロリーセーブや、ビタミン・ミネラルの補給、食物繊維の摂取など、ダイエットに効果絶大の野菜。1日に350gを目安に食べることが推奨されています。

【食事時間を一定に】
 
朝食抜き、夕食は深夜、と日々食事時間が異なると、カラダはサイクルをくずしてしまいます。特に、様々な病気を引き起こす糖尿病は、血糖値の急上昇が最も大きな負担となるので、食事時間は重要です。自分の生活スタイルの中で可能な限り一定のパターンをとるように心がけて損はありません!

【カロリーの高いものは控えめに】

 糖分や脂分は美味しく感じるものが多いですが、永い目で見たら食べすぎはやはりご法度。甘いものは1日1個、揚げ物のおかずは週に2回、などの約束事を自分で決めるのも効果的です。

【常に満腹まで食べないように】

 満腹状態は、カラダにとって大きな負担。特に肥満に関係の深い糖尿病では、血糖を下げようとする「インスリン」というホルモンが作用しなくなって起こる病気。負担をかけすぎないよう、常に満腹まで食べるのは控えたほうが良いでしょう。

【薄味を心がける】

 濃い味は、味付け自体の糖分のカロリーも無視できませんし、お酒やご飯の量を増やしてしまうことも。調味料は調理の際に使うよりも、後でつけたりかけたりするほうが控えられるので、食卓で食べる直前に味付けする習慣も良い方法です。

【残す勇気と食べすぎない習慣を】
 
もったいない、と食べてしまう方は、そのひと口の積み重ねが更なる不経済を生むかも!? 気持ち新たにしたいところです。多すぎる場合は残す勇気を持つとともに、料理を作り過ぎない、食材を買いすぎない、など食生活のスリムアップを始めると、お財布は豊かになって一石二鳥かもしれません!

運動を生活の中に少しとりいれてみましょう。

【定期的に運動を】
 
食生活だけ気をつけても、万全にはカバーしきれないもの。特に内臓脂肪は運動によって著しく減少することがわかっているので、定期的にカラダを動かす工夫をしたいところ。歩く機会を増やすだけでも大きな違いが生まれます。
※以上参考:厚労省公開資料「健康日本21」より

 ちょっとカタい話になってしまいましたが、健康は毎日の習慣からしか生み出せません。病気になってからの負担の大きさを考えて、これを機会に何かひとつでも改められると、一歩前進ですね!

サプリメントを活用したダイエットにお勧め!

ウーロンスリム


イージースリム

090502u-rontya.jpg
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://jewelery33.blog17.fc2.com/tb.php/25-ffcf0ff5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ダイエット(肥満解消)のステップ - いつまでも綺麗でいたい。

ダイエット(肥満解消)のステップ - いつまでも綺麗でいたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイエット(肥満解消)のステップ

ダイエットは何から始めたらいいのか、わからない人もいると思います。

まずは、自分の適性体重をしるようにしましょう。

・BMI値を計算しましょう
 体重と糖尿病などの生活習慣病の間には、相関関係があるということが様々な研究の結果でわかっています。まず肥満の基準である指標のひとつとしてBMI(ビーエムアイ)の値を計算して、ご自分がどこに当てはまるかを知っておきましょう!

【BMIの計算式】

体重÷身長(m)÷身長(m)
(160cmで体重60kgの場合は、60÷1.6÷1.6で、約23.4となります)

【BIM数値の判定】

18.5未満……低体重
18.5以上25未満……普通体重
25以上……肥満

 ここでBMIが25以上の数字になってしまった方は、少しずつでも改善していきたいところ。近い数字の人も要注意。次のことを意識してみましょう!

次に食生活の見直しをしてみましょう


【野菜をたっぷり食べる】
 食事全体のカロリーセーブや、ビタミン・ミネラルの補給、食物繊維の摂取など、ダイエットに効果絶大の野菜。1日に350gを目安に食べることが推奨されています。

【食事時間を一定に】
 
朝食抜き、夕食は深夜、と日々食事時間が異なると、カラダはサイクルをくずしてしまいます。特に、様々な病気を引き起こす糖尿病は、血糖値の急上昇が最も大きな負担となるので、食事時間は重要です。自分の生活スタイルの中で可能な限り一定のパターンをとるように心がけて損はありません!

【カロリーの高いものは控えめに】

 糖分や脂分は美味しく感じるものが多いですが、永い目で見たら食べすぎはやはりご法度。甘いものは1日1個、揚げ物のおかずは週に2回、などの約束事を自分で決めるのも効果的です。

【常に満腹まで食べないように】

 満腹状態は、カラダにとって大きな負担。特に肥満に関係の深い糖尿病では、血糖を下げようとする「インスリン」というホルモンが作用しなくなって起こる病気。負担をかけすぎないよう、常に満腹まで食べるのは控えたほうが良いでしょう。

【薄味を心がける】

 濃い味は、味付け自体の糖分のカロリーも無視できませんし、お酒やご飯の量を増やしてしまうことも。調味料は調理の際に使うよりも、後でつけたりかけたりするほうが控えられるので、食卓で食べる直前に味付けする習慣も良い方法です。

【残す勇気と食べすぎない習慣を】
 
もったいない、と食べてしまう方は、そのひと口の積み重ねが更なる不経済を生むかも!? 気持ち新たにしたいところです。多すぎる場合は残す勇気を持つとともに、料理を作り過ぎない、食材を買いすぎない、など食生活のスリムアップを始めると、お財布は豊かになって一石二鳥かもしれません!

運動を生活の中に少しとりいれてみましょう。

【定期的に運動を】
 
食生活だけ気をつけても、万全にはカバーしきれないもの。特に内臓脂肪は運動によって著しく減少することがわかっているので、定期的にカラダを動かす工夫をしたいところ。歩く機会を増やすだけでも大きな違いが生まれます。
※以上参考:厚労省公開資料「健康日本21」より

 ちょっとカタい話になってしまいましたが、健康は毎日の習慣からしか生み出せません。病気になってからの負担の大きさを考えて、これを機会に何かひとつでも改められると、一歩前進ですね!

サプリメントを活用したダイエットにお勧め!

ウーロンスリム


イージースリム

090502u-rontya.jpg
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://jewelery33.blog17.fc2.com/tb.php/25-ffcf0ff5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。